ウグイスのホーちゃん

あるところに親鳥と離れてしまったウグイスのホーちゃんはうまく鳴けません。
ある日ホーちゃんはワシに「ウグイスがたくさんいるところを知らない?」と尋ねました。
ワシは「あぁ、森のずっと奥だよ」と答えました。
ホーちゃんが暗い森の中を進んでいくと、そこには大きな松の木と柿の木があり、たくさんのウグイスがいました。
ホーちゃんは嬉しくなって柿をたくさん食べて元気一杯になりました。
そしてそこにいたウグイスたちが大きな声で鳴くと、ホーちゃんも「ホーホケキョ!」と大きな声で鳴けるようになりました。
ひとりぼっちだったホーちゃんは森の仲間と暮らしましたとさ。おしまい。

ひとりぼっちだったウグイスのホーちゃん。
やさしいワシにウグイスのたくさんいるところを教えてもらい、たくさんの仲間と会うことができました。
ホーちゃんの「ホーホケキョ!」は「うれしいな!」と大声で言ってるようですね。