とびガエルと馬

むかしむかし、とびガエルというカエルがいました。
そのカエルはジャンプがすごく高くて、人気者でした。
そこに足の速い馬が通りかかりました。
足が速い馬が人気者になって、カエルは人気がなくなりました。
馬は冬もいっぱい外に出て走っていたので、風邪をひきました。
馬が風邪をひいている間にカエルはまた人気者になりました。
馬の風邪が治ると、カエルはすごく高く飛びはじめました。
結局、カエルは馬よりも人気があるままでした。

一瞬速い馬に人気を奪われたけど、またまた人気者になれたカエル。
ずーっと人気者のままでいるのはけっこう難しいし、しんどいものなんです。
ずーっと山のてっぺんにいるのは大変なのと一緒じゃないかな。